ぎっくり腰卒業

ぎっくり腰は突然腰に強い痛みが発生するものの総称です。

身体の状態は普通の腰痛と基本的には変わりません。

腰に負担のかからない動きができるように筋肉の働き方を調整してあげればそれほど時間がかかることなく動けるようになります。

ぎっくり腰には突発型と生活習慣病型があります。

突発的型はたまたまその瞬間腰に負担のかかる無理な動きをしたものです。

生活習慣病型は、日常生活で腰に負担をかける動作・姿勢を続け、限界に達したときに起こります。

針金を繰り返し曲げていると最終的にポキッと折れるのと一緒です。

「限界の限界」の状態なのでちょっとした動作で動けなくなります。

生活習慣病型は繰り返す人が多いですが、日常生活動作を改善すれば、ぎっくり腰から卒業できます。