最適動作のプログラミング

すべての動作は身体を利用した物理学。

「速いボールを投げる」「速く走る」「強いボールを蹴る」・・・・

そのために最適な「理想の動作」は「身体の構造」と「物理の法則」を照らし合わせれば導き出せます。

そして、その動作さえ身につけてしまえば、身体能力最大のパフォーマンスを当たり前に発揮できるようになります。

でも、これから「身体の構造」と「物理の法則」を学び、そこから目的とする「理想の動作」を導き出すのは大変。

フィジカルシステムエンジニアは高専・大学と工学部で力学を専門に研究してきた物理学の専門家。

速いボールを投げたければ「速いボールの投げ方」を

速く走りたければ「速い走り方」を

強いボールを蹴りたければ「強いボールの蹴り方」を

位置1mm、角度1度、タイミング0.1秒。

わずかな違いでパフォーマンスに大きな違いを生みます。

あなたの「身体の構造」と「物理の法則」からケガの心配なく、あなたの身体能力最大のパフォーマンスを発揮できる、あなたの身体に最適なオンリーワンの動作を導きだします。

 

ピッチング

バッティング


サッカー

テニス