試行錯誤ゼロ・最小努力・最短時間で

身体能力最大のパフォーマンスを引き出す身体のシステム化

「どこが」「どのタイミングで」「どのように働くべきか」

位置1mm、角度1度、タイミング0.1秒

身体に物理をインストールする実用的肉体改造

フィジカルシステムイノベーション

練習・筋トレ・ストレッチ…

努力しているのに発揮しきれない潜在能力

ダイヤの原石も「磨き方がわからない」「磨くことができない」ではただの石ころのまま。

あなたが「宝の持ち腐れ」にしている身体機能を最大限活用し、あなたの能力をケガの心配なく思う存分発揮しませんか?

 

すべての動作は身体を利用した物理学。

「どこが」「どのタイミングで」「どのように働くべきか」

位置1mm、角度1度、タイミング0.1秒

身体の物理学的システム化によって試行錯誤ゼロ・最小努力・最短時間でケガの心配なく身体能力最大のパフォーマンスを当たり前にするのが

身体に物理をインストールする実用的肉体改造プログラム

フィジカルシステムイノベーション

です。

チューニング:能力を発揮できる状態にする「身体の整備」

ハンドルの曲がった自転車に乗っていくら練習しても思うように走れません。

一生懸命練習しているのに努力に見合った結果が出ない原因の一つは「身体の整備不足」

真っ直ぐ立っているつもりなのに左右の肩の高さが違う、ということがよくありますよね。

真っ直ぐにしているつもりなのに傾いているのが身体というもの。

ほとんどの人は自分の身体が真っ直ぐなのか傾いているのか、主観的な感覚では把握できません。

「イメージ」と「動作」に誤差があるままではどんなに努力しも思うような結果が出せないのは当たり前。

フィジカルシステムイノベーションでは頭・首・胸・腹・背中・右手・左手・右足・左足など身体全体の状態を客観的に把握し、総合的に整備してイメージと動作の誤差を限りなくゼロにすることであなたの身体の能力は最大限発揮できる状態にします。

プログラミング:身体能力を最大限活かす「戦略の構築」

世界最高レベルのF1マシンがあっても、その性能を活かせるだけのドライビングテクニックがなければその能力は十分に発揮できません。

高い能力があるのにそれを発揮できない原因は「方法の学習不足」

自分の身体にどんな武器が備わっていて、どのように使えばその能力を最大限発揮できるのかを知らないことです。

すべての動作は身体を利用した物理学。

位置1mm、角度1度、タイミング0.1秒わずかな違いがパフォーマンスに大きな違いを生みます。

「速いボールの投げ方」「速い走り方」「強い蹴り方」など、あなたの身体能力を最大限活かすことができるあなたの身体に最適な動作は「あなたの身体の構造」と「物理の法則」から導き出せます。

そしてその動作さえ身につけてしまえば身体能力最大のパフォーマンスを当たり前に発揮できるようになります。

でもこれから身体の構造と物理の法則を学んで、そこから自分の身体に合った最適な動作を導き出す…

なんて時間がいくらあっても足りませんよね。

フィジカルシステムイノベーションでは「あなたの身体の構造」と「物理の法則」からあなたの身体能力を最大限活かすことができるあなたの身体に最適な動作を具体的に「どこが」「どのタイミングで」「どのように働くべきか」位置1mm、角度1度、タイミング0.1秒の精度で導き出します。

インストール:試行錯誤ゼロで最適動作を身につける「身体で学習」

「速いボールの投げ方」「速い走り方」「強い蹴り方」など、あなたの身体に最適な、身体能力最大のパフォーマンスを発揮できる方法がわかったとしても、その動作を身につけられなければ知らないのと同じです。

しかし、「腰を落とす」「足で投げる」「壁を作る」など、動作を言葉で説明しても具体的に「どこが」「どのタイミングで」「どのように働くのか」正確には伝えられません。

また、意識命令で決められるのは「歩く」「走る」「投げる」など、「何をするか」だけ。

「歩き方」「走り方」「投げ方」など「どのように動くか」は身体の状態次第。

言葉でどんなに説明しても動作を具体的に理解し、正確に再現することは非常に難しいのです。

そのため、プロ野球のピッチャーですら、優秀なコーチに指導を受けて投球フォームを改造しようとしてもなかなか思うようにいかず、ともすると調子を崩し、ケガをしてしまう、ということが多々あるのです。

フィジカルシステムイノベーション客観的・他動的動作修正メソッド。

導き出したあなたの身体に最適な動作を具体的に「どこが」「どのタイミングで」「どのように働くべきか」位置1mm、角度1度、タイミング0.1秒の精度で身体にダイレクトに教え込むことによって身体をシステム化するため、試行錯誤ゼロ・最小努力・最短時間で正確に最適な動作を身につけることができ、身体能力最大のパフォーマンスが当たり前に発揮できるようになります。

フィジカルシステムイノベーションの実績

○肩を傷めて思いきり投げられなかった高校野球のピッチャーが甲子園のマウンドで無失点ピッチング。

○コントロールの悪かったリトルリーグのピッチャーが制球が安定し関東大会3位の原動力に。

○高校1年時膝を骨折し、医師に再起不能と言われたソフトボールのピッチャーが3年時エースとしてチームに欠かせない存在に。

○背番号すらもらえなかったサッカー選手ができないことを次々できるに変えていきインターハイ出場校のレギュラーに。

○膝をケガして思いきり走れなかった陸上800m走選手が、自己ベストを3秒以上縮めて県大会に出場

○テニスで中高6年間どんなに練習してもできなかったプレーがたった5分でできるように。

○長くて速い曲を弾くと後半腕が痛くなり、根性で弾ききっていたピアニストが最後まで余裕を持って感情を込めて弾けるように。

 

ご予約・お問い合わせ

048-858-7760(要予約)

※「フィジカルシステムイノベーション希望」とお伝えください。

受付時間

午前     9:00~13:00

午後   15:00~18:30

休診日

木・日・祝日