オスグッド


オスグッドは成長痛ではありません!

股関節と膝関節の連動性が失われ、膝に負担のかかる動作しかできなくなった結果です。

股関節に本来の動きを取りも出させることで、ほとんどのものが1日~数日で改善し、しゃがんだり走ったりが可能になります。

 

オスグッドになる人がしゃがもうとすると、股関節が動かないため膝が前に突き出て、踵が浮いてしまいます。

 

踵が浮いて膝が前に押し出されるため、本来かかるはずのない過剰な負荷が膝に作用し、痛みとなります。

 

股関節を機能させれば踵は浮かず、膝は必要以上に前に出ません。

 

しゃがんだ力はすべて太ももを通じて足の裏に逃げるため、膝に負担はかからず痛むこともありません。

治療の開始は、早ければ早いほど回復も早いです。

遅くなると痛みを回避するために身体におかしな動きの癖がつき、回復が遅れる場合があります。

痛みが出たらなるべくお早めにご連絡ください。

また、痛みが出なくても、踵を着いてしゃがめない場合、ケガの可能性が高くなります。

早めに対応してケガの心配なく思う存分動ける身体にしておきましょう。

 

施術のご予約・お問い合わせはコチラ