【ケガは飛躍のチャンス】つぶれたマメがあっても痛くない

剣道をやっている患者さん。

ここ数日左ふくらはぎに強い張りを感じて来院。

来院当日には同じ左足の親指にできていたマメがつぶれてしまい、痛みで足がちゃんとつけない状態でした。

 

身体の状態を確認すると重心が右に傾いていました。

ふくらはぎの張りも、左の親指にマメができてしまったのも原因はこの右の傾き。

身体が右に傾くことで左足が引っ張られたため張りが現れ、必要以上に親指を地面に押し付けるようになってしまっていたため普段できないマメができてしまったのでした。

 

左右の体重のかかり方を修正し、歩く際の重心移動・体重移動を改善するとふくらはぎの張りはなくなり、歩いても、思いきり踏み込んでもつぶれたマメが痛まなくなりました。

これは重心移動・体重移動を改善することで歩いても踏み込んでもマメのできている場所に負荷がかからなくなったためです。

 

「マメがあるから痛い」のではなく「マメに負荷がかかるから痛い」。

 

ですからマメの痛みは調子の目安になります。

痛みが出るということは体重のかかり方がずれているということです。

傷があり、痛みを出してくれているうちに親指やふくらはぎに無理のかからない体重移動を身につけることで、身体機能が改善し、レベルアップすることができます。

張りが出るのもマメができるのにも理由があります。

その理由を正しく解釈し、改善することでケガを飛躍のチャンスに変えましょう!