【早期機能回復】オスグッドは「成長痛」ではない!

小学校の高学年から高校生くらいにかけて、特にスポーツをしている子が膝の痛みを訴えるものを医学的に「オスグッド」と呼んでいます。

原因は成長によるものとされいわゆる「成長痛」の代表格です。

しかしこのオスグッド、実は成長痛ではありません。

本当の原因は、股関節が機能障害を起こし、本来の動きができなくなったために、股関節にかかるべき負担が膝にかかってしまったことです。

かかる必要のない負担が膝にかかってしまった結果痛みが出ているのです。

股関節を正常に機能させれば膝の負担はなくなり、痛みなく思い切り動けるようになります。

 

つい先日も、2か月以上安静にしているのに痛みが取れないというサッカー少年が来院しました。

最初は膝を曲げようとするだけで痛みが出てほとんどしゃがむこともできず、軽く走っただけでも痛みが出る状態。

しかし、股関節の動きを中心に首・背中の機能を改善していくと、帰りにはほぼ普通にしゃがめるようになり、全力疾走も可能になりました。

 

この間、膝には一切触れていません。

これは膝自体に問題があるわけではなく、膝に負担のかかる動きしかできなくなってしまっていたからです。

膝に負担のかからない動きができるようになれば、必然的に膝の痛みは消え、機能は回復します。

 

一般的な治療の基本は安静で、人によっては「中学を卒業するまでスポーツをしてはいけない」とか「膝に負担のかかるスポーツをしてはいけない」とかいう指示を受け、中高の大事な時期にスポーツができなかったり、好きなスポーツをあきらめたりした方もいらっしゃいました。

限りある人生の時間をそうして過ごすのはすごくもったいないこと。

青春の時間は取り戻せません。

視点を変え、方法を変えれば時間も労力もかけず改善する方法はあります。

限りある時間を有効に活用しましょう。